オケ友ブログ
オケ友5周年記念「第九演奏会」 合唱団に参加しました!

オケ友総務広報部会のIです。
こんにちは。


ちょっと遅くなってしまいましたが、
昨年12月15日に開かれた、
オケ友5周年記念事業「第九演奏会」の報告をさせていただきます。

飯田で市民による10年ぶりの第九コンサート。
これはやるしかない!!と合唱団に申し込んだのが1年前。
12月15日の舞台にアルトで出演しました。

そもそも3年前にオケ友実行委員会の企画で
名古屋フィルハーモニー交響楽団の第九コンサートを聴きに行き、
「合唱団、気持ちよさそうだなー、私も歌ってみたいなー」
と興味をもっていたというのもあります。

月2回、1年間の練習。
最初の顔合わせで渡されたドイツ語の楽譜に目が点になり、
それに加えて暗譜の指令。
私の合唱経験はというと、、、小学生の時に合唱クラブに入っていただけ。
急に不安になってきました。
ドイツ語の先生によるレッスンがあったものの、
途中で何度か挫折しそうになりました。

それでも、家で練習CDを何度も聞いて歌っているうちに、
だんだんと覚えて歌えるようになってきました。
NHKの第九コンサートのビデオをみながら一緒に歌ってみたり、
楽しみながらの練習もできました。

9月からは、飯田交響楽団との合同練習。
人生で初めてオケと歌わせてもらいましたが、
こんなに気持ちのいいことはありません。
中村先生の熱く楽しい指導のもと、
合唱団の歌もどんどんまとまっていきました。

そして、12月15日の演奏会当日を迎えました。
前日のリハーサルは公開でしたが、
本番の衣装も着て、控室にいると、
リハにはなかった緊張感が漂っています。

いよいよ本番の舞台に立つと、
2階席までいっぱいのお客様。
1年間の練習を思い出し、
ベートーヴェンの世界感を考えながら丁寧に歌っていきました。
合唱団とオーケストラと320人が心を合わせて、
一つの音楽を創り上げる喜び。
こんな感動を味わえて、とても幸せでした。
勇気を出してチャレンジしてよかった!

オケを含めた320人の演奏はきっとすごい迫力だったと思います。
私も観客席で聴きたかったくらい。

終わった後、合唱団のみなさんからは「これで最後なんて寂しいね」
「また、どこかで歌いたいね〜」という声があがっていました。

私もまたどこかで歌ってみたいです。


第九演奏会の様子
 

この記事のトラックバックURL
トラックバック
新着情報
カテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
0265-23-3552